Ssoccer'S

海外のサッカースタジアムの傾向

海外のサッカースタジアムといえば、一昔前までは暴力的なサポーターが暴れたり、差別的な野次が飛ばされるなどマイナスイメージが強い感じでしたが、2000年代に入り、これらのイメージを払拭するようなホスピタリティあふれるサッカースタジアムが次々と誕生しています。特にそのホスピタリティを適えるポイントとして重要なのが臨場感と快適性の2点です。臨場感でいえば、最初からピッチ周りの陸上トラックを設置せず、選手とサポーターの距離を縮め、また予め総観客席数を少なめにして常に満員状態を維持するなどして従来よりも臨場感をあふれさせる方法が採られています。さらに快適性でいえば、試合中の雨や雪で不快な思いをしないように開閉式の屋根が設置されている他、女性や子供連れの親子でも気軽に観戦できるように託児所や、食事をしながら観戦できるレストランがスタジアム内に設置されています。なぜ、これらの点が重要かといえば、高い満足度がリピーターに繋がるということがマーケティング調査によって明らかになっているからです。選手達が全ての試合で最高のパフォーマンスができない以上、それ以外の部分で観客の満足度を上げる必要があるのです。

海外サッカーのレベルの高さ

海外サッカーは日本サッカーよりもずっとレベルが高いとされています。とくにヨーロッパにおいては戦術的にも体格的にも日本のずっと上のレベルでプロリーグが運営されています。したがって、上達しようと思う日本のプロ選手は続々とヨーロッパに移籍をし始めています。ヨーロッパの一流リーグでプレイすると、自分をより一層高めていくことができるのです。年俸も日本のプロリーグとは比較にならないレベルで、ゼロが一つか二つ違うこともざらです。より多くのお金を稼ぎたい場合にも、ヨーロッパのリーグは非常に狙い目となります。海外で活躍ができれば、日本代表に選ばれやすくなるというのも見逃せないメリットであって、ワールドカップを目標にしている選手は出場機会に恵まれなくてもヨーロッパへ移籍する傾向が強いです。イングランドのプレミアリーグ、スペインのリーガエスパニューラ、ドイツのブンデスリーガと後はイタリアのセリエAが四大リーグだとされ、日本人選手にも注目されています。

『海外 サッカー』 最新ツイート

@haku_about

日本人のサッカー選手が海外のチームへ出て行くコトが特別じゃなくなっていくのって、目標が「海外でプレーする」から「海外で成功する」にシフトしている結果なんだろうな。と思うから、とても嬉しい😊。明確な目標がありゃ、準備も怠りなく出来るしね🤔

1分前 - 2019年01月24日


@osusume2ch6

【海外】◆悲報◆ベトナム代表さん 韓国紙に勝手に「ミニ韓日戦」認定されてしまう→続きを見る https://t.co/oE8ARMkR92 byサッカー速報Ⅱ https://t.co/XWvnaTh1Fu

8分前 - 2019年01月24日


@IA1126mga

フォロワーさんの中にNBAか海外サッカー興味あるって人いないかな? 音楽以外のことも喋りたいなぁ〜 もしいるならリプなりdmなりなんでもしてきてくださいぁーーーい

10分前 - 2019年01月24日


pickup

武蔵小山の賃貸マンションで1Kの即入居物件を調べる

2017/9/14 更新


△上に戻る△